彼は彼女のために辛い選択をする。 それでも自分のしたことに悔いはない。満足している。 彼女は普通の女の子として新しい人生を歩みはじめる。 「知らない人」の優しさを感じながら――