優秀な成績で訓練を終えた、海斗の元ルームメイト。剣道の有段者で剣術は得意だが、反面、肉弾戦はあまり得意ではない。ボディーガードであることを誇りにしている性分から、やる気を見せない海斗をよく嗜めているが、嫌ってはいない。家系が代々優秀なボディーガードになっているため、自分も負けていられないと、限界を超えて無茶をすることもある。人に弱みを見られるのを嫌い、強がることも多い。
prev
next
〜罪深き終末論〜