ホーム > 製品情報

OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS3
発売日
2016/03/31
対象年齢
CERO D(17才以上)
ジャンル
ADV

『萌えゲームアワード2012』で大賞を受賞した大人気PCゲーム『この大空に、翼をひろげて』がPlayStation®3、PlayStation®Vitaで登場!
本編となる『この大空に、翼をひろげて』と、ファンディスク『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIALY』の2本分に加え、本作で追加される新シナリオも収録された大ボリュームでお届けします。

本作では、新たに雲居朱莉(くもいあかり)が攻略対象に加わり、シナリオ&イベントCGが追加されます。
シナリオは、PC版『この大空に、翼をひろげて』のシナリオを担当している紺野アスタ氏が手掛けます。

OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

東京新世録 オペレーションアビス&バベル 新入隊全力サポートダブルパック


プラットフォーム
PS Vita
発売日
2016/03/10
対象年齢
CERO審査予定
ジャンル
RPG
OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS Vita
発売日
2016/03/03
対象年齢
CERO A(全年齢)
ジャンル
ADV

『ご注文はうさぎですか??』がPS Vitaに登場!
ゲームの舞台は冬。
チノの誕生日をにぎやかに迎えるために、喫茶店ラビットハウスを盛り上げるためココアが奮闘する第1部。
そして、1部で最も親密度が高かったキャラクターとのストーリーを楽しめる第2部の2部構成でお送りします!
ラビットハウスでの接客、コスプレをしてチラシ配り、ココアやチノらおなじみのキャラクターたちによる数々のイベント。そして、パジャマパーティー!
原作コミックやアニメ同様に可愛いがいっぱい詰まったゲームです!
『ご注文はうさぎですか?? Wonderful party!』2016年3月3日発売予定です。
限定版特典
・チノSDフィギュア
・サントラCD

OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS Vita
発売日
2016/03/24
対象年齢
CERO C(15才以上)
ジャンル
ADV

2112年、東京。厚生省公安局刑事課一係にふたりの新人が配属された。ひとりは記憶喪失の監視官・誓湯撫子。もうひとりは行方不明の幼なじみを捜す執行官・剱拓真。冷静沈着だが人の感情を解さないドロイドのような女、撫子と、ハードボイルドを目指す熱血人情派の男、剱。正反対のふたりの出会いによって、運命の輪は動き始める。
事件の舞台となるのは、東京から遠く離れたかつての未来都市・佐渡海上市。真相にたどり着いたとき、彼らの選ぶ「答え」とは――

限定版も同時発売!
【限定版特典】
・浅野恭司氏描き下ろし限定パッケージ
・設定資料集
・ドラマCD 佐渡海上市事件File XX「キャットパニック」
・布ポスター ※ドラマCD絵柄の布ポスターです(サイズ:約515mm×515mm)
OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS4
発売日
2016/03/24
対象年齢
CERO C(15才以上)
ジャンル
ADV

2112年、東京。厚生省公安局刑事課一係にふたりの新人が配属された。ひとりは記憶喪失の監視官・誓湯撫子。もうひとりは行方不明の幼なじみを捜す執行官・剱拓真。冷静沈着だが人の感情を解さないドロイドのような女、撫子と、ハードボイルドを目指す熱血人情派の男、剱。正反対のふたりの出会いによって、運命の輪は動き始める。
事件の舞台となるのは、東京から遠く離れたかつての未来都市・佐渡海上市。真相にたどり着いたとき、彼らの選ぶ「答え」とは――

限定版も同時発売!
【限定版特典】
・浅野恭司氏描き下ろし限定パッケージ
・設定資料集
・ドラマCD 佐渡海上市事件File XX「ドッグデイズ」
・布ポスター ※ドラマCD絵柄の布ポスターです(サイズ:約515mm×515mm)
OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS4
発売日
2015/12/10
対象年齢
CERO C(15才以上)
ジャンル
ADV

——これは、救えなかった「未来」の物語。

▼『STEINS;GATE』の正統続編

2009年にXbox 360用ゲームとして発売された『STEINS;GATE』。
その作中に登場する世界線のひとつ、通称「β世界線」。

主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線の物語。

失意の底にある岡部倫太郎。
その彼を心配する仲間たち。
救われなかった「彼女」はいったいどうなったのか?

『STEINS;GATE』には登場しなかった新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

そう、そこに『彼女』は今もいる———

OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS Vita
発売日
2015/12/10
対象年齢
CERO C(15才以上)
ジャンル
ADV

——これは、救えなかった「未来」の物語。

▼『STEINS;GATE』の正統続編

2009年にXbox 360用ゲームとして発売された『STEINS;GATE』。
その作中に登場する世界線のひとつ、通称「β世界線」。

主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線の物語。

失意の底にある岡部倫太郎。
その彼を心配する仲間たち。
救われなかった「彼女」はいったいどうなったのか?

『STEINS;GATE』には登場しなかった新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

そう、そこに『彼女』は今もいる———

OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS Vita
発売日
2016/01/21
対象年齢
CERO D(17才以上)
ジャンル
ADV

2003年に、アージュよりWindowsPC用ソフトとして発売され、今もなお名作として支持されている『マブラヴ』と続編として2006年に発売された『マブラヴ オルタネイティヴ』がPlayStation Vita版として、2タイトル同時発売!!

2001年10月22日――平和な日本で暮らしていたはずの白銀武は、突然見知らぬ世界で目覚めた。そこは、数十年に渡る地球外起源種「BETA」との戦争によって、人類滅亡の危機に瀕した「並行世界」――軍事が全てに優先する最前線国家「日本」だった。
世界間を移動した原因もわからないまま、現実に翻弄され続けていた武も、いつしかその運命を受け入れ、人類救済計画「オルタネイティヴ4」に関わる国連軍衛士として、愛する者達と共に戦い続ける。
だが、国家間の利害問題を克服できなかった人類は、地球放棄計画「オルタネイティヴ5」を選択してしまうのだった。そして3年後、深い眠りから目覚めた武は、以前暮らした「元の世界」にあるはずの、自分の部屋にいる事に気付く。
全ては夢だったのだろうか……? 「元の世界」への帰還を期待する武に容赦のない現実が追い討ちをかける。カレンダーの日付は2001年10月22日。部屋の外に広がる瓦礫の荒野
――武は再び、突然「並行世界」に放り出されたあの日に戻っていたのだ!
世界間の移動に続く、時間逆行。人智を越えた怪現象に戸惑う武だったが、失望を振り払い、決意を胸に廃墟を行く。「未来の出来事」を知る者として歴史に関与し、悲劇的な「結末」を自らの手で変える――朧気な人類敗北の記憶と、理由のわからない喪失感が、武にそう決意させるのだった。

果たして武は、人類を勝利に導くことができるのであろうか――。

『マブラヴ』『マブラヴ オルタネイティヴ』がセットになった『マブラヴ ダブルパック』9,800円(税抜)も同時発売!
OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS Vita
発売日
2016/01/21
対象年齢
CERO D(17才以上)
ジャンル
ADV

 2003年に、アージュよりWindowsPC用ソフトとして発売され、今もなお名作として支持されている『マブラヴ』と続編として2006年に発売された『マブラヴ オルタネイティヴ』がPlayStation Vita版として、2タイトル同時発売!!

主人公白銀武は白陵大付属柊学園の3年生。隣に住む、幼なじみで同じクラスの女の娘、鑑純夏と平凡な日常を過ごしていた。
ある日、武の前に、世界的財閥の跡取り娘、御剣冥夜が突然現れ、そのまま家に住み着いてしまう。冥夜は、武と自分は絶対運命という固い絆で結ばれていると言ってはばからない。
冥夜の登場が引き金となり、クラスメイトの榊千鶴、彩峰慧、珠瀬壬姫、そして親友の鎧衣尊人を巻き込んでの数々の大騒動や大問題が発生。
ドタバタコメディタッチの日常の中で武がとる行動はそれぞれのキャラクター達に大きな影響を与え、より深く心の交流を持つようになってゆく。
武は移ろいゆく現実のなか、一体どんな結末を迎えるのか

『マブラヴ』『マブラヴ オルタネイティヴ』がセットになった『マブラヴ ダブルパック』9,800円(税抜)も同時発売!
OFFICIAL SITE
ONLINE SHOP

プラットフォーム
PS3
発売日
2015/12/10
対象年齢
CERO C(15才以上)
ジャンル
ADV

——これは、救えなかった「未来」の物語。

▼『STEINS;GATE』の正統続編

2009年にXbox 360用ゲームとして発売された『STEINS;GATE』。
その作中に登場する世界線のひとつ、通称「β世界線」。

主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線の物語。

失意の底にある岡部倫太郎。
その彼を心配する仲間たち。
救われなかった「彼女」はいったいどうなったのか?

『STEINS;GATE』には登場しなかった新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

そう、そこに『彼女』は今もいる———