「弊社販売ゲームソフトに関するお詫び」

2009年06月19日

 

弊社が2009年2月19日(木)に発売致しましたXbox360 専用ゲームソフト『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルEXTRA』におきまして、開発を担当した株式会社アクアシステムが、 株式会社ケイブ様、株式会社アリカ様が共同で有するPlayStation2専用ゲームソフト『怒首領蜂 大往生』のプログラムソースコードをソフトウェアを管理していた会社から無断で複製し、意図的に改竄しながら本作品を製作していた事実が判明致しました。

この事は発売後に株式会社ケイブ様、株式会社アリカ様から事実確認の要請を受けて弊社で調査した際に判明しました。

この著作権侵害問題に加え、同製品の出荷停止、及びタイトルアップデート作業の遅れなどに関しまして、全て発売元である弊社の責任であり、株式会社ケイブ様、株式会社アリカ様をはじめとする関係各位、販売店各位、そしてユーザーの皆様に多大なご迷惑をおかけ致しました事を、心よりお詫び申し上げます。

今回、この事実を明らかにして深くお詫び申し上げますと共に、株式会社ケイブ様、株式会社アリカ様に改めて許諾を頂けます様に賠償責任、開発体制の見直し等をご提案させていただき、『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』のアップデートパッチの制作を行える様、より良い製品に仕上げるべく精励して参ります。

弊社はこの件を重く受け止め、二度とこのような事態を招かないよう、開発体制の見直し、品質管理の徹底を図り、十分に注意をして参ります。

株式会社5pb. 代表取締役
志倉千代丸

マスコミの皆様へ

この件に関するお問い合わせは株式会社アリカ様を窓口とさせていただいております。
株式会社ケイブ様や弊社及び弊社担当にお問い合わせいただきましても、ご対応できない事を、ご理解の程お願い致します。
今後この件に関しては、株式会社ケイブ様の開発ブログや株式会社アリカ様の役員様のブログにて一部経緯や詳細の説明がある場合もございます。